青山霊園管理事務所前 鱸猛麟石材店 墓石のご案内・青山霊園募集のご相談

芝 圓珠寺 【日蓮宗】

徳聚山圓珠寺
圓珠寺について
【圓珠寺の概要】

徳聚山圓珠寺略縁起
当山は、慶長17年(1612)に現在の地、芝金杉に創建されました。
金杉は、松平家の下屋敷がならぶ海沿いの町であり、当山は東海道につらなる浜辺の海道にそって建立されました。開山、圓妙院日匠上人は、仏像彫刻の名手である中正院日護上人の弟子です。日護上人は生涯に七千余体の仏像を彫刻し、諸方の寺院に寄せました。日匠上人は日護上人彫刻の釈尊象を本尊として、当山を開かれたと推察されます。このようにして開かれた当山は、多くの人が行きかう場所柄、参詣者も自然と増えていきました。
また江戸後期には、身延七面山を守護する末法総鎮守七面大明神(天女の姿をした龍神)を奉安し、縁日に開帳・祈祷をおこない、大いに栄えました。
さらに身延山(日蓮宗総本山)から江戸出開帳(日蓮聖人等の尊像を運んできて開帳する出張形式の法会)もしばしばおこなわれ、多くの民衆をあつめたといいます。そのころの様子は、葛飾北斎の浮世絵「金杉橋芝浜」等でもしのばれます。
明治期にはいると、備中高松より最上位経王大菩薩を分体し、中心的な守護神として奉安しました。「最上位経王」とは、最上の教えであり、様々なお経の中の王である法華経をいいます。
この法華経を信じ、手を合わせる者を、強く守護し導く神様が最上位経王大菩薩です。最上様は五穀を主宰し、物資を恵み、商法を繁栄させ、財利を施し、家内を安泰にさせ、法華経を信じる者の願いを叶える神様です。明治期には柳原二位の局(大正天皇の生母)をはじめとする皇室女官衆の帰依を受け、戦前戦後も多くの参詣者でにぎわいました。
現在当山では、毎月12日に施餓鬼会(檀信徒各家先祖や、有縁無縁の霊魂に、多くの供物をそなえて供養する)、26日に最上位経王大菩薩祈祷会(国家安泰、家内安全、商法繁栄、諸願満足等を祈る)をおこなっています。
徳聚山圓珠寺
アクセス

〒105-0014 東京都港区芝1-13-6
03-3451-1614



◆JR京浜東北線・山手線
「浜松町」駅から徒歩約9分
「田町」駅から徒歩約10分
◆都営地下鉄三田線・浅草線
「三田」駅A9出口から徒歩約7分
◆都営地下鉄三田線
「芝公園」駅A1出口から徒歩約8分
◆都営地下鉄浅草線・大江戸線
「大門」駅から徒歩約7分
◆東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)
「日の出」駅西口2出口から徒歩約8分

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3401-6917 受付時間 8:00~17:00(年中無休)

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 有限会社 鱸猛麟石材店 All Rights Reserved.