青山霊園管理事務所前 鱸猛麟石材店 墓石のご案内・青山霊園募集のご相談

お墓の構成

  • HOME »
  • お墓の構成
お墓の構成
お墓の構成
建墓について
お墓は一生のうちで何度も建てる機会があるものではありません。信頼のできる石材店を選び安心して工事にかかりたいものです。

【お墓に使う石材】
お墓には硬質で風化に強い石が使われます。最も多く使われるのは一般的に御影石といわれる花崗岩で、安山岩、閃緑岩なども使われます。

【お墓を建てる時期】
いつ建てなければいけないと定まっているわけではありませんが、年忌法要にあわせて建てることが多いようです。
とくに新仏のあるお宅の場合には故人の一周忌に建て、開眼法要をあわせて営むことが一般的です。
なお建墓にあたっては 石材の加工から基礎工事、据付までおよそ一ヶ月以上かかることがあります。
法事の予定などを考えあわせて、早めに発注しましょう。

【お墓ができたら】
お墓が完成したら、あらかじめお寺様と打ちあわせて日どりを決め、開眼法要を行います。魂入れ、入魂式などともいわれ、開眼をしてはじめて、私たちが礼拝すべき容儀がととのうとされています。

【お墓を建て直すときは】
お墓を新しく建て直すときは、古い墓石のあ魂抜きの法要を行い、ねんごろに供養します。
そして新しい墓石を据付けて開眼法要を行い魂入れをします。

【お墓を移転するときは】
お墓の引越しは 「改葬」 といわれ、書類での手続きが必要となります。
1. 旧墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらいます。
2. 受け入れ証明書を移転先の墓地管理者からもらいます。
3. そして、その二つを旧墓地のある市区町村の戸籍係または市民課などに提出して、改葬許可証の交付を受け移転します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3401-6917 受付時間 8:00~17:00(年中無休)

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 有限会社 鱸猛麟石材店 All Rights Reserved.